10月のインプロワークショップのお知らせ

10月のインプロ(即興演劇)ワークショップのお知らせです。10月は2回行います!両日ともベーシックコースのワークショップとなります。様々なゲームを通して、楽しくインプロを体験します。

【日時】

10月18日(日)13時〜17時頃まで

10月31日(土)18時〜21時頃まで

【場所】

両日ともに、前橋下川淵公民館(〒379-2141 群馬県前橋市鶴光路町701)

【参加費】

100円(場所代)

【参加方法】

・定員は10名とします。参加希望の方は、事前にお問い合わせフォームやSNSを通してご連絡下さい。

・コロナウィルス感染症拡大予防の観点から、必ず事前の検温をお願いいたします。検温の結果、体温が37℃以上あり体調の悪い方はご参加をお控えください。またマスクご着用ください。

ご参加お待ちしています!よろしくお願いいたします。

9月のワークショップ②を行いました

9月2回目となるワークショップを行いました。今回も引き続きベーシッククラスでした。今回のファシリテーターはa/r/t/s_Labメンバー岡部美紀が担当しました。せっかくのオフラインなので、なるべく身体を動かせるゲームを沢山やりました。

今回行ったゲームは以下の通り。

・自己紹介ゲーム

・アクション回し

・ナイフとフォーク

・サンキューゲーム

・解決社長

・ジブリッシュ(デタラメ外国語)

・ジブリッシュと日本語で交互に話し物語を作る

・2人1組になって、1人はジブリッシュで話し、もう1人が日本語で通訳する。

・彫刻

・半分劇場

・エモーショナルリプレイ

これは「彫刻」というゲームです。まず初めに彫刻のように1人1人がポーズを取ります。そしてそのポーズから思いつくアイデアでシーンを始めていくというゲームです。初めのポーズは自分で決めるのではなく、見ている人に手伝ってもらい、その人に決めてもらいます。当然ながらご覧の通りみんなバラバラのポーズです。さて、ここから何が始まるのでしょう?見ている方もワクワクします。

様々なポーズから、沢山の面白いシーンが生まれました!!

今回は、インプロが初めてでも、台本芝居での舞台経験がある方達が多かったので、後半ではシーン作りにもチャレンジしました。参加して下さった方で、頭で考えるよりも、まずは入ってみて、身体を動かしたり、気持ちを動かす事で、自然と台詞が出てきたりするのが面白かったと言って下さった方がいました。

インプロには様々な大切なマインドがありますが、その中のひとつに「リスクに飛び込む」「チャレンジする」というマインドがあります。

外側で、頭で考えて悩むよりも、まず入ってみる。やってみる。飛び込んでみる。そうする事で、周りから不思議とアイデアが受け取れたりします。アイデアが自分の中になくても、実は自分の外側にいくらでもある。周りを、そこに立つ自分自身を、この空間を、そして今この瞬間を感じる事で、様々な世界が見えてくるのです。

想定外を楽しむ。今回も沢山の笑いに包まれたワークショップになりました。

a/r/t/s Labのインプロワークショップでは、参加者の経験は不問です!

子どもから大人までどなたでもご参加いただけます!

もし少しでも興味をもって位ただけましたら、是非一度、インプロを体験してみませんか?

また、オンラインやオフラインでの出張ワークショップも随時受け付けています!

自分のご所属する団体でインプロを体験してみたい方がいらっしゃいましたら、「お問い合わせ」フォームにてご相談ください。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています、よろしくお願いいたします!

10月の読書会のお知らせ

10月のオンライン読書会のお知らせです。

【読む本】

風間研『小劇場の風景ーつか・野田・鴻上の劇世界 』中公新書,1992年

※第3章から第5章を読みます。9月の続きです。


【日時】

10月21日(水)19時30分〜21時30分頃まで。


【場所(参加方法)】

Zoomを用いてオンラインで行います。そのため参加を希望される場合は、事前に「お問い合わせ」やTwitterから必ずご連絡ださい。参加希望者には、参加方法の詳細を追ってご連絡いたします。

【参加費】

無料

【参加条件】

基本的には、本を手に入れて読んできてください。ただし見学も可能です。当日は集まったメンバーで、それぞれの感想をもとに、本について議論します。たくさんのご参加をお待ちしています。よろしくお願いします。

9月のインプロワークショップ①を行いました

昨日、9月のオフラインインプロワークショップ①を行いました。

昨日はベーシックコースでした。今回も初めましての方がいたので、ゲームを中心にワークを行いました。

行ったゲームは以下の通りです。

・ストレッチ回し

・空間を均等に埋めるように歩く

・ストップ&ゴー

・部屋の中の物の位置を当てる

・ボール回し

・三つの変化を当てる

・物を高く積み上げる

三つの変化を当てるゲームでは、まずAとBのグループに分かれます。最初にAのグループが、3人で何かポーズをとります。Bのグループは、ポーズをよく観察します。次に、Bのチームが後ろを向きます。その間にAのチームはポーズの一部を全部で3カ所変化させます。Bのチームは、どこが変化したのかを当てます。相手のことをよく観察しておく必要のあるゲームです。

物を高く積み上げるゲームは、その名の通り身の回りの物を積み上げていかに高くできるか挑戦するゲームです。

とても単純なゲームですが、やってみると参加者の多くから「壊れないようにやりたい」「失敗したくない」という声が聞かれました。

これはインプロのエッセンスがつまったゲームです。私たちはついつい、このようなゲームでさえ慎重に、失敗しないようにという意識を強くもってしまいます。しかし、失敗したらまた積み上げればいいだけです。失敗しないように慎重になると、積み上げ方は自ずと限定されてしまいます。

インプロも同じです。インプロは即興なので、必ず失敗をします。でも失敗したらもう一度やり直せばいいだけです。観客は、そんな前向きで挑戦的な役者を見るのが大好きです。

そんな話をした後、もう一度行うと、各チーム大胆な積み上げ方を探究し始めました。最後には「意外と積み上げられる!」「リスクをとって成功したときが嬉しい!」といった感想が出ました。

その他には、

・私は木です

・連想ゲーム/非連想ゲーム

・次どうなるの?

・ブロックゲーム

・Yes andゲーム

を行いました。

頭で考える前に体でやってみること、グッドネイチャーでいること、人間の脳は優秀で物事を関連付けることが得意なこと、私たちは誰もが物語る力をもっていること、Yesという人は冒険を、Noという人は安全を手に入れることなど、インプロのマインドについて、具体的なワークを通して体験しました。

最後には、今日の全体の感想や、インプロと普段自分がやっている表現活動の関係について、またはインプロと人生について!、それぞれ振り返りを行いました。今日のWSでは、あらためて、表現は楽しいということ、自分にとっての普通が誰かにとっての特別であることなどを実感しました。

次回のWSは、来週9月19日です!定員は10名ですが、まだあと2名募集しています。

a/r/t/s Labのインプロワークショップでは、参加者の経験は不問です!

子どもから大人までどなたでもご参加いただけます!

もし少しでも興味をもって位ただけましたら、是非一度、インプロを体験してみませんか?

また、オンラインやオフラインでの出張ワークショップも随時受け付けています!

自分のご所属する団体でインプロを体験してみたい方がいらっしゃいましたら、「お問い合わせ」フォームにてご相談ください。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています、よろしくお願いいたします!

9月のインプロワークショップのお知らせ

9月のインプロ(即興演劇)ワークショップのお知らせです。9月は2回行います!両日ともベーシックコースのワークショップとなります。様々なゲームを通して、楽しくインプロを体験します。

【日時】

9月12日(土)18時〜21時頃まで

9月19日(土)18時〜21時頃まで

【場所】

両日ともに、前橋元気21、406スタジオ

【参加費】

100円(場所代)

【参加方法】

・定員は10名とします。参加希望の方は、事前にお問い合わせフォームやSNSを通してご連絡下さい。

・コロナウィルス感染症拡大予防の観点から、必ず事前の検温をお願いいたします。検温の結果、体温が37℃以上あり体調の悪い方はご参加をお控えください。またマスクご着用ください。

ご参加お待ちしています!よろしくお願いいたします。

9月の読書会のお知らせ

9月のオンライン読書会のお知らせです。

【読む本】

風間研『小劇場の風景ーつか・野田・鴻上の劇世界 』中公新書,1992年

※今回は、第1章と第2章を読みます。残りは10月に読みます。


【日時】

9月16日(水)19時〜21時頃まで。


【場所(参加方法)】

Zoomを用いてオンラインで行います。そのため参加を希望される場合は、事前に「お問い合わせ」やTwitterから必ずご連絡ださい。参加希望者には、参加方法の詳細を追ってご連絡いたします。

【参加費】

無料

【参加条件】

基本的には、本を手に入れて読んできてください。ただし見学も可能です。当日は集まったメンバーで、それぞれの感想をもとに、本について議論します。たくさんのご参加をお待ちしています。よろしくお願いします。

8月のインプロワークショップを行いました。

8月23日に、オフラインのインプロワークショップを行いました。

今回はベーシックコースでした。初めましての方もいたので、ゲームをたくさん行いながらインプロを体験しました。

行ったゲームは、

・ストレッチ回し

・スペースを埋めるように歩く

・部屋の中のものの位置を当てる

・催眠術士

・three things

・リアハンドホップラ

・魔法の箱

・私は木です

・二人で物語を作る

・ワンセンテンス・ストーリーゲーム

・次どうなるの?

インプロでは、「創造力の無い人に、インプロを通して創造力を与える」とは考えません。

そうではなくて、「人は生まれながらにして創造的である。ただその本来もっている創造力を発揮できていないだけ」と考えます。

では本来もっている創造力の発揮を阻害するものは何なのでしょうか?それは、「恐怖」です。

失敗する恐怖、相手に評価される恐怖、先が見えない中で変化する恐怖。これをやったらつまらない奴と思われるのではないか?他の人に比べて劣っていると思われるのでは無いか?

そのような恐怖を感じている状態では、人は何かを表現することが辛くなってしまいます。何かを表現しようとすると、頭の中の警察官が「本当にそれでいいのか?つまらなくないか?やめた方いいんじゃないか?」と警告してきます。「自己検閲」が働いて、心と体がどんどん萎縮していき、本来もっている創造力を十分に発揮できなくなってしまうのです。

インプロでは、ゲームを通してこの「自己検閲」を自覚し、緩めて、手放していきます。つまり本来もっている創造力を引き出していくのです。

「自己検閲」との向き合い方は、インプロに関わらず全ての表現活動に関わります。もっと言えば、人生の様々な場面で関わります。

a/r/t/s Labのインプロワークショップでは、参加者の経験は不問です!

子どもから大人までどなたでもご参加いただけます!

もし少しでも興味をもって位ただけましたら、是非一度、インプロを体験してみませんか?

また、オンラインやオフラインでの出張ワークショップも随時受け付けています!

自分のご所属する団体でインプロを体験してみたい方がいらっしゃいましたら、「お問い合わせ」フォームにてご相談ください。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています、よろしくお願いいたします!

8月のインプロワークショップのお知らせ

8月のインプロ(即興演劇)ワークショップのお知らせです。今回はベーシックコースのワークショップとなります。様々なゲームを通して、楽しくインプロを体験します。

【日時】

8月23日(日)18時〜21時頃まで

【場所】

前橋元気21、401スタジオ

【参加費】

100円(場所代)

【参加方法】

・定員は10名とします。参加希望の方は、事前にお問い合わせフォームやSNSを通してご連絡下さい。

・コロナウィルス感染症拡大予防の観点から、必ず事前の検温をお願いいたします。検温の結果、体温が37℃以上あり体調の悪い方はご参加をお控えください。またマスクご着用ください。

ご参加お待ちしています!よろしくお願いいたします。

読書会のお知らせ

古代から現代までの哲学の流れの、ほんの一部をピックアップし、長期の読書会を通して、非常に簡単にですが概観していこうと思います。概要は以下の通りです。

◇読む予定の本と日程
・1ヶ月一冊程度ずつ読んでいく予定です(二回目以降の日程は参加者と要相談)

==========================
○日程
【9月5日、18時~20時頃まで】竹田青嗣『プラトン入門』ちくま学芸文庫,2015年

【10月3日、18時~20時頃まで】山口義久『アリストテレス入門』ちくま新書,2001年

●未定・今後に読む予定の本
・小林道夫『デカルト入門』ちくま新書,2006年
・上野修『スピノザの世界―神あるいは自然』講談社現代新書,2005年
・石川文康『カント入門』ちくま新書,1995年
・長谷川宏『新しいヘーゲル』講談社現代新書,1997年
・佐々木隆治『カール・マルクス―「資本主義」と闘った社会思想家』ちくま新書,2016年
・藤野寛『キルケゴール―美と倫理のはざまに立つ哲学』岩波現代全書,2014年
・竹田青嗣『ニーチェ入門』ちくま新書,1994年
・竹田青嗣『超解読!はじめてのフッサール「現象学の理念」』講談社現代新書,2012年
・前田英樹『ベルクソン哲学の遺言』岩波現代全書,2013年
・細川亮一『ハイデガー入門』ちくま新書,2001年
・町田健『ソシュールと言語学』講談社現代新書,2004年
・メルロ=ポンティ(中山元(訳))『メルロ=ポンティ・コレクション』ちくま学芸文庫,1999年
・新宮一成『ラカンの精神分析』講談社現代新書,1995年
・小田亮『レヴィ=ストロース入門』ちくま新書,2000年
・平石善司,山本誠作(編)『ブーバーを学ぶ人のために』世界思想社,2004年
・熊野純彦『レヴィナス入門』ちくま新書,1999年
・中山元『フーコー入門』ちくま新書,1996年
・G.C.スピヴァク『デリダ論』,2005年
・A,アルトー(鈴木創士(訳))『演劇とその分身』河出文庫,2019年
・國分功一郎『ドゥルーズの哲学原理』岩波現代全書,2013年
・上村忠男『アガンベン《ホモ・サケル》の思想』講談社選書メチエ,2020年
・グレアム,ハーマン(上尾真道,森元斎(訳))『思弁的実在論入門』人文書院,2020年
・仲正昌樹『現代哲学の最前線』NHK出版新書,2020年
=========================

◇実施方法
・Zoomを用いてオンラインで読書会を行います
・事前に、本を読んできた感想、疑問点、議論したい点を用意してください
・参加費は無料です

参加を希望される方は、HPのお問い合わせか、SNSにて直接ご連絡ください。ZoomのURLをお送りいたします。
たくさんのご参加お待ちしています!よろしくお願いいたします(^^)

8月のインプロワークショップのお知らせ

8月のインプロ(即興演劇)ワークショップのお知らせです。8月はオンラインとオフラインで1回ずつワークショップを行う予定です。まずは、Zoomを用いたオンラインワークショップのお知らせです。

【日時】8月8日(土)18時〜21時頃まで

【場所】Zoomにてオンラインで行います。参加希望の方はご連絡ください。URLをお送りいたします。

【参加費】無料のワークショップになります。

経験不問です!たくさんのご参加お待ちしています。よろしくお願いいたします!